インプラント

インプラントに関する詳しい内容は右記のサイトにてご覧下さい。

千代田インプラントセンター

インプラントとは

多くの実績を誇る医師によるインプラント。

一生自分の歯で生活するためにはどうすれば良いでしょうか?

それには良く噛める歯と十分なお手入れが必要です。では不幸にして歯を失った時にはどうしたらよいでしょうか。

あごの骨に人工歯根を埋め込んで固定式の歯を作るインプラントは、ブリッジや入れ歯に変わる最先端の治療です。入れ歯と異なり確実な固定ができ、天然歯と変わらない外観と噛む力が得られ、第2の自分の歯としてよみがえります。

歯を失ったときの治療法の比較

もしも歯を失ったら、治す方法は3つあります。

  1. 1.ブリッジ

    一つ目の方法はブリッジです。

    比較的手軽で、咬み心地も良いため昔はよく用いられた方法です。両隣の歯を小さく削り被せます。削られた歯は、すごく傷みます。

    また、根のない部分の咬合圧が隣の歯をゆするので、
    隣の歯が割れたり歯槽膿漏でまるごと抜けたりします
  2. 2.入れ歯

    二つ目の方法は入れ歯です。

    手軽に作れますが隣の歯を少し削りますし、
    入れ歯を入れると、非常に違和感があります。

    さらに、食べかすが詰まるので、食事の度に外してうがいをしなければなりません。

  3. 3.インプラント

    3つ目の治療はインプラントです。

    隣の歯は一切削りませんし、歯のない部分の咬合圧が隣の歯をゆすることもありません。咬み心地も、見た目も、天然の歯と全くといっていいほど同じです

インプラントの長所と短所

インプラントの長所
  • 見た目が良く、自分の歯と見分けがつかない
  • 隣の歯を削らなくてすむので、周りの歯が長持ちする
  • ブリッジ、入れ歯に比べて食べかすが詰まりにくい
  • 歯ぐきを使用することにより、歯ぐきが痩せるのを防ぐ
インプラントの短所
  • 保険がきかない
  • インプラントも歯周病になるので、お手入れが必要
  • 歯ぐきの骨が足りないとできないこともある
  • 2ヶ月ぐらいは禁煙する必要がある

インプラント治療の手順

  • ▼口腔内の診査

    X線写真撮影や、口腔内診査を行いお口の中の状態を調べます。

    検査結果をもとに治療計画を立てて、ご説明します

  • ▼治療・歯のクリーニング

    必要と判断した場合は、インプラント埋入前にクリーニングや歯周病治療を行います。

  • ▼一次手術(インプラント埋入手術)

    1. (1)
      奥歯が1本欠損した状態です。
    2. (2)
      インプラントを埋め込むためのホールを顎の骨に形成します。
    3. (3)
      インプラントを埋め込みます。
    4. (4)
      インプラント上部にキャップを取り付けます。

    一次手術後、インプラントと骨と結合するまで、上顎の場合3ヶ月
    下顎の場合 約2ヶ月ほどかかります。治療期間の平均は2~6ヶ月です。

    この間に虫歯の治療や歯のクリーニングを行えば、時間に無駄がありません。

    最低の通院回数は「埋入手術」「抜糸」「印象採得」「人工歯装着」の5回です。

  • ▼支台装置(アバットメント)装着

    歯肉が治癒したら、キャップをとりはずし、アバットメントと呼ばれる支台装置を取り付けます。

    この時点で、インプラントにサポートされた仮歯が入ります。

  • ▼印象採得(型どり)

    上部構造(人工歯・クラウン)の型をとります。インプラントの本数が多い場合は、精密な型どり用の装置を作るために予備の型をとります。

  • ▼上部構造の作製・装着

    上部構造(人工歯・クラウン)を装着した状態です。見た目は天然歯とほとんど同じです。

  • ▼メインテナンス

    期間はお口の中の状態によって異なりますが、1~6ヶ月に一度メインテナンスをします。

インプラント治療例

  1. 【インプラント治療例1】

    治療前

    治療後

  2. 【インプラント治療例2】

    治療前

    治療後

インプラント治療Q&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?

年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から普通の健康状態の方であれば誰にでも治療を受けることができますが、お口の衛生状態の悪い方、心臓病、糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は制限される場合があります。インプラントを埋め込むあごの骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、骨を増やす特殊な処置によって、骨の量を増やしてから治療を行うこともあります。

治療費はどのくらいかかりますか?

インプラント治療、は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いとなっています。入れるインプラントの本数など治療内容により異なります。詳しくはお問合せ下さい。

インプラントはどのくらいもちますか?

すでに25年以上使用されている方もおられますが、大切なのはお口のお手入れと定期的な点検です。お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。先生や衛生士の指導に従い、正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔に保つように心がけてください。

インプラント手術時は痛くありませんか?どれくらいの時間がかかりますか?

麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。 インプラントの手術は、綿密な計画の下に行なわれますので、手術時間の概要のついては事前の診査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくはご相談下さい。 

インプラントの手術は安全ですか?

手術前に綿密な検査を行い、あごの骨の形や状態を把握した上で、神経や血管などにも十分配慮しながら行うので、安全性にはほとんど問題ありません。また、インプラントの材質は人体になじみやすく、腐食しないチタンですので、体に悪い影響はありません。

治療期間はどれくらいかかりますか?何回も通院が必要ですか?

治療期間は、インプラントを埋めた部位や骨の質など個人差がありますが、平均的には2~6ヶ月です。最低の通院回数は「埋入手術」「抜糸」「印象採得」「人工歯装着」 の5回です。

インプラント治療後は普通にかめますか?

天然の歯と同じように何でも食べられるようになります。インプラントの人工歯はしっかり固定されていますので心配ありません。

無痛で神経を抜かない1日矯正 歯を一切削らないすきっ歯矯正

お問合せ
千代田区 九段下の歯医者
スターデンタルクリニックへ
メールあるいは電話でのお問合せ
地図・アクセス
半蔵門線・東西線・都営新宿線
九段下駅 3a出口正面 徒歩すぐの歯医者
九段下スターデンタルクリニック

▲ページトップへ

  • 歯並び矯正の九段下スターデンタル
  • インプラント

九段下スターデンタルクリニック

千代田区九段下の歯科医院

〒102-0073

東京都千代田区九段北1-3-3

九段下東急真サクラビル2F

地下鉄・九段下駅 3a出口正面

Tel.03-5211-5880

  • 院長ブログ